清水保育園 保育方針

保育の
理念
社会福祉法人清水保育園の運営する保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、 保育に当たっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、 児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。
なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。
また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。
保育の
基本方針
保育方針は、「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、 人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とする。また、常に児童の最善の幸福を願うために保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあればわかりやすく説明をして、よりよい保育のために努力研鑚することを基本とする。

1.子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
2.子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるよう
    にすることにより、健全な心身の発達を図る。
3.豊かな人間性をもった子どもを育成する。
4.乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設として
    の社会的責任を果たす。
保育目標 スローガン 強く 正しく のびのびと
1.ねばり強い子に
2.善い事 悪い事の判断のできる子に
3.大きく 伸びやかに 育とう


<元気な子ども>
 歩く、走る、跳ぶなど戸外での活動を十分に楽しむ。
 健康で十分な発育ができるよう薄着の習慣を身に付ける。
 運動や休養、栄養をとり、規則正しい生活を送り、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身に付ける。
 くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的に遊ぶ力を育む。
<身辺処理のできる子ども>
 食事、排泄、睡眠、着脱衣、清潔などの正しい習慣をくり返し自立の芽生えを養う。
 身のまわりの簡単なことは、自分で処理する力を育む。
<仲のよい子ども>
 積極的に遊びや生活ができるようにし、自主協調といった社会生活の基礎となるような態度を養う。
 相手の人権を尊重し、思いやりのある心を育てる。
<考える子ども>
 生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力の基礎を培う。
 自然の世界に多く触れ、豊かな体験を通して自分なりに物を見たり、感じたり考えたりして、
 豊かな感性と創造性の芽生えを培う。
 自然に対する知的興味や関心を育て、思考力、認識力を培い、科学的に観察する力を養う。